タイ・アラカルト

微笑みが心をつなぐ愛のかけ橋
日タイ修好120周年

 日本とタイの交流は約600年前、当時の琉球王朝とアユタヤ王朝の交易で始まったとされています。
 その後、御朱印船交易、江戸幕府の鎖国政策の時代を経て、日本が明治維新により近代国家建設へ歩み始め、タイもチャクリー王朝ラーマ5世下で近代化が図られた時代の1887年(明治20年)9月26日、両国は「日暹(にちせん)修好通商に関する宣言」(日タイ修好宣言)に調印、正式に国交が開かれました。


 この宣言は、両国が国交を結び、通商・航海を奨励し、将来の条約をもって詳細を規定するという簡単で抽象的な内容のものでしたが、明治の日本政府が東南アジア諸国と外交関係を結んだ最初の条約でもありました。そして今日、両国は皇室・王室関係はもとより、政治、経済、文化のあらゆる分野において、アジアで最も安定した良好な関係を築いています。


 2007年に記念すべき日タイ修好120周年を迎えるにあたり、一昨年来、両国政府は長年の良好なる関係を祝うとともに、更なる発展・深化を目ざし、様々な記念の交流事業を行なうことで合意し、諸準備を進めてきました。


 日本サイドでは官民一体となった「日タイ修好120周年記念事業」実行委員会(事務局は外務省内)を立ち上げ、政府主催行事をはじめ、以下の目的に沿った参加事業の募集(草の根助成金もあり)が行なわれ、数多くの記念事業が決定、計画されています。
・文化・芸術・観光・教育・科学技術・知的交流・スポーツ等幅広い分野での交流によって、日タイの相互理解を深め、結びつきを強める。
・政府間だけでなく、民間の活動によって日タイ間の草の根レベルの交流を活性化する。
・日タイ修好120周年記念行事で共同作業を重ねることで、日本とタイの人々のふれあいを促進する。


 主な記念事業(日本サイド主催)は以下の通りです。
1)日タイ修好120周年オープニング式典&和太鼓公演:1月16日、於バンコク、実行委員会&国際交流基金主催
2)アジアみらいフォーラム2007インジャパン:3月8日〜21日、於東京・京都・広島、NPOアジアみらいフォーラム他主催
3)日タイ修好120周年記念式典&クラシックコンサート:9月26日、於バンコク、実行委員会主催
4)日本−タイ・フェスティバル2007:12月8〜9日、於バンコク、実行委員会&タイ国日本人会主催
5)象使いの村ホームステイ:暦年、於チェンマイ、フレックスインターナショナル主催


 その他の記念事業スケジュールを含む日タイ修好120周年つきましては、外務省のホームーページに詳しく紹介されています。是非ご覧下さい。ホームページのURLは以下の通りです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/thailand/jpth120/)

戻る

HOME