協会行事レポート

タイ大洪水の義援金を寄付



 当協会は11月2日、バンコクを含むタイ中央部を襲ったタイの大洪水の被災者救援のため、協会員の皆様から寄せられた義援金100万円を、被災者へのお見舞いと一刻も早い復旧への祈りを添えて、在日タイ王国大使館宛に寄付いたしました。


 これに対し11月4日付にて、ウィーラサック・フートラクーン駐日大使から、感謝の言葉と寄付金はタイ国外務省に送金し、洪水被災者の救済のために使わせていただく旨の礼状を頂戴しました。


 今般の大洪水被害は過去100年で最悪ともいわれ(死者600人以上、経済損失3−4,000億バーツ)、日本はもとより世界中からの支援が拡がっています。


 その後の被災状況は、幸い殆どの浸水地域で水が引き始め、排水作業も進んでおり、冠水により操業中止に追い込まれた工場も来年早い時期に再開可能といわれています。この上はスピーディ&スムースな復旧・復興が遂げられんことを願ってやみません。 





戻る

HOME